1988年8月31日 いばらき新聞

ファンを魅了する作品
浜田さんを囲む会が発足
 国際的に活躍中の水墨画家、浜田泰介さん(滋賀県大津市在住)を囲む茨城の会の発足式が29日(19980829)水戸市千波町の県民文化センターで開かれた。
 司会は、浜田さんが伊勢丹百貨店水戸、日立両店で個展を開催したのをきっかけに、作品の魅力に引かれてファンになった本県の美術愛好者たちによって、設立準備が進めれれていた。
 発足式には、呼びかけ人で作詞家の大内源衛さん、全日本農県連合会長の下田虎之助さん、常陸太田市社会教育委員の武藤ふみさん、県穀物改良協会事務局長の海野和男さん、ウエディング平安格社長の星健二さん(代理)らが出席し、役員、会則などを決めた。
 この後、取材旅行のため本県を訪れた浜田さん夫妻を囲み懇親会も開かれた。浜田さんはその中で、自らの生い立ちから、美大受験のエピソード、青春時代の思い出などを印象深く語った。
 浜田さんは、昭和7年、愛媛県宇和島市生まれ。京都市立美大卒、同大学院終了。一時創画会に所属するが退会、現在は個展を中心に作品を発表している。来年一月には(1989年)水戸伊勢丹百貨店で3回目の個展が開かれる予定。