いつもと同じ秋

何でもないいつもと同じ午後だった
薄がゆれて柿の実が光り
子どもたちの声が遠くでひびく
ありふれた秋の午後だった

どこにでもある田舎道で
わたしは ふと方向を失い立ち止まる
音もなくまわり舞台が回り
見知らぬ風景の中に投げ出されたように

ひとは いつもこんなふうにして
幕間ももらえず 二幕目へと
押し出されるのかもしれない

覚悟を決めた初心者のように
わたしは おそるおそる
一歩を踏み出す