花の記憶

運命の女ふうに装って
踊りにいくのが好きだった

あの春の宵
ラストダンスを私にと
まっすぐ歩いてきた若者

私は踊りながら
ほんものの運命に
抱かれてしまったように
青ざめた

それから 
桜の下を ひとり さまよった
運命の足音が聞こえはせぬかと

けれど 
花びら舞う音のほか
なんにも聞こえはしなかった